働いていない人の気持ち

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 13:04

  臨床心理士の田中です。山口県は早くも梅雨入りしたようで、これから雨が続くと思うと気持ちが少し重たくなります。頭痛持ちの自分はとても嫌な季節です・・・。

 さて、この度ブログを開始して初めて投稿しますので今回は少し真面目な話をしようと思います。

 心理士の相談にはこれまで全く働いたことがなくて不安だらけな人、長い間ひきこもり生活を送っていた人、働いていたけど仕事が出来なくて自信をなくしている人など色々な内容のご相談をされます。

 共通しているのはサポステの対象者であるため、ある意味当然ではありますが、現在働いていない、ということです。働いていないと人はとても不安になります。社会から取り残された感じで、どこにも所属していない不安、このまま将来はどうなっていくのか、自分の力で生きて行けるのか、などなど色々な不安がふとしたときに襲ってくると思います。

そのような不安の中で苦しんでいても、両親から、また時には兄弟や親戚から「仕事を選ぶからいけない」「やる気がないから駄目なんだ」「何でもいいから仕事をしろ」「将来のことをちゃんと考えているのか」など本人達にとっては一番しんどいことを言われます。本人も働かなきゃいけないと思っているから余計しんどいのだと思います。働かなくてはいけないと思っても色々な理由があって  働けないことはとても辛いです。この仕事が出来ない理由には、職場や学校でパワハラやいじめを受け傷つき自信をなくした方、色々な仕事をしたけどどこも仕事が上手くいかなかった方、面接を何度受けても落ちてしまって自信をなくしている方、など色々ありますが人それぞれです。

 このような心の悩みを抱えて相談に来られますが、サポステに来て支援を受けた方全員が問題を解決して元気になっていくわけではないです。でも、皆さんの心の悩みが少しでも軽くなって就職活動に向けて一歩一歩進んでいけるようサポートできればと思っています。

田中 康之

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM